グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  猫と暮らす会について >  TNR活動 >  地域猫のススメ

地域猫のススメ


このエントリーをはてなブックマークに追加
野良猫の困りごとを みんなで考えませんか?
すぐに被害はなくなりませんが、猫を増やさず・適切な管理をして、自然に猫が減ることで被害を減らすようにします。

子どもたちに命の大切さをつたえませんか?

野良猫を捕獲し殺処分は行ないません

その地域の猫を捕獲しても、縄張りの空白ができ、新たな猫が現れます。全ての猫を捕獲することはできません。また、飼い猫、野良猫の区別もつきません。こども達に「命の大切さ」「思いやり」「やさしさ」を伝えるためにも、殺処分を行なわない方法を考えます。

避妊手術を行ない、元の場所に放します

子猫が産まれて猫が増加することを防ぎ、発情期の鳴き声や、雄猫のマーキングを無くします。手術が済んだ猫は、目印として両耳がV字型にカットされています。

適正な餌やりを行ないます

決まった時間に、決まった場所で餌を与え、必ず片付けます。(置き餌をしない)
適正な餌やりをすることで、近隣の猫を呼び寄せたり、捨て猫を防ぎ、猫の増加を無くします。

環境を清潔にします

猫に餌を与える人は餌を与える場所の近くにトイレを設けたり、猫の糞を片付けます。
餌を放置せず、餌を与える場所の清掃を行ないます。

捨て猫を防ぎます

捨て猫は罰金100万円以下の違法行為です。猫が捨てられた場合は警察と保健所に通報します。

このようなことを地域で話し合い、
“人が猫と共生するまちづくり” をする活動を『地域ねこ活動』といいます

浜松市動物愛護教育センター

『地域ねこ活動』については浜松市動物愛護教育センター(電話 : 053-487-1616)でも相談に応じていただけます。餌の与え方、糞の掃除、手術負担金などをみんなで話し合いませんか?